ロイヤルウッドの施工するFG工法とは

ロイヤルウッドの住宅には、木造と鉄筋コンクリートの二つの工法が選ぶことができます。そのなかでも特にロイヤルウッドという社名からも推測されますが、「FG工法」とよばれる木造住宅には定評があります。工法自体も従来の木造住宅とはさまざまな面で異なる、一方先を行く工法とも呼べるものです。

まず、FGの由来ですが、これは「Future Generation」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと「将来の世代」ということになります。在来軸組工法とよばれる古くから用いられる木造建築の技術に、さまざまな「プラスアルファ」を足した文字通り次世代の技術の利用により、これまでには考えられなかったような高い耐震性や耐久性を実現しています。

通常、「木造住宅は伝統的な建築だが、耐震性に劣る部分がある」と思われがちですがロイヤルウッドのFG工法であればその心配は無用です。実は、木の力は思っているよりも強靭なもの。それをきちんと活かす技術がFG工法にはあります。

例えば、構造用集成材と接合金物をCAD/CAM連動システムで高精度に継ぎ手にして構造そのものを強化したり、床の強さを考えて床材も骨太にしていくことで建物の変形を抑制する効果を持たせたりと、細かい部分での工夫があります。しかもいずれも、住宅一棟ごとに、構造強度をコンピュータで正確に解析した上で、耐震性を計算しているので、安心。ロイヤルウッドの住宅は強い風が吹いても気にならない安全性能を実現しています。

また、これらの構造は「強い住宅」につながるものです。木材を均一な構造用集成材に統一しているのもこの理由から。どのような木材でもそれぞれに弱点があるものです。これらの弱点を克服して、強さを高めるために採用されたこの集成材は、木の弱点となってしまう繊維方向を平行にした状態で集合接着した上で、割れはチェックし、欠点のない部材として使用します。こうすれば、すべてが統一された強度をもつようになり、結果的に「弱い部分がなく、バランスのとれた」強さを発揮するという仕組みです。

住宅は一見非常に大きな構造物にしか見えず、細かい部分での変化がどの程度影響するのかがイマイチ分かりづらいものです。しかし、そうしたちょっとした部分の隙間が住宅を弱くしてしまうことが難点。木材はそうした弱点を作りだしてしまう可能性があるものですから、弱いというイメージがついてしまったのかもしれません。ロイヤルウッドはこの点を熟考して編み出した工法で克服。誰にでも住みやすく、強い家を提供しています。

ロイヤルウッド
http://royalwood.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  2. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  3. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
ページ上部へ戻る