いもCAFE きんときの美味しい川越 サツマイモ

川越 サツマイモといえば江戸時代からの特産品の1つに該当するほど有名なものになります。
サツマイモは、江戸時代に日本で栽培を始められた食材ですが、当時は飢饉の時の非常食としてお米の代用品となっていたサツマイモになります。このサツマイモを大変おいしい商品価値のある作物に育てたのは川越になります。

現在の川越いもと呼ばれるサツマイモの生産量は減少していますが、サツマイモの加工基地として現在も川越を利用されています。そのためサツマイモを利用したお土産や料理が数多く提供されています。
この地元特産のサツマイモを利用したスイーツを提供しているのがいもCAFE きんときです。

いもCAFE きんときのサツマイモスイーツには、手作りのスイートポテトや焼き芋ようかんなどがあります。これらのスイーツにはオーナーが自家農園で育てた川越 サツマイモが使われており、素材の味を活かした優しい味わいを楽しむことができます。

いもCAFE きんとき
http://imocafekintoki.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. バイク大国として知られているタイでは、多くのバイクブランドが存在しています。その中の一つである二輪ブ…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る