練馬区議会自由民主党副幹事長を務める村上悦栄

村上悦栄は、練馬区議会自由民主党の副幹事長を務めている人物です。地域に貢献するため、常に新しい活動を続けており、近年も勢力的に活動の幅を広げているのが特徴となっています。1991年に初当選してから、安定した実績と基盤を積み上げてきて、地域からの信頼も獲得しています議会運営委員会や企画総務委員会、医療・高齢者等特別委員会などに所属していて、その他にも財産価格審議会や土地開発公社評議員会などに所属しています。東京都練馬区出身で、北町で生まれ育ったこともあり、地域に対する思い入れも強く、それが活動の根拠にも繋がっています。

実際に多くの方が求めていることに対して耳を傾け、それを形にしていく点についても力を入れています。例えば、代表的なイベントを行って地域活性化を目指しているのも、その一つだと言えるでしょう。「きたまち阿波おどり」などは、大きなイベントで、たくさんの方が観客としてやってくることで知られています。それらが街の活性化に繋がっていることは間違いないです。その他、陸上自衛隊の駐屯地も練馬区にあるということで、そちらとの兼ね合いや交流なども視野に入れて活動を展開しています。それと合わせて、地域福祉の向上なども目指しているため、全体的に視野がとても広い人物と言えるでしょう。村上悦栄が目指しているのは、単なる議員ではなく、地域にとって有意義なものを提供できる議員です。それらをしっかりと目指していくことによって、より安心して多くの方が暮らせる社会を作って行くことが目標だと言えるでしょう。

実際に近年の活動としては、練馬区のゲリラ豪雨対策のための陳情活動や練馬自衛隊応援団長としての自衛隊と練馬区政との関わりの強化などを実施し、その他、震災を受けての練馬を災害に強い街にする活動などもおこなっています。それらの区議会での活動も精力的に力を出していて、それ自体が地域社会への貢献にも繋がっています。これからも村上悦栄の活躍はさらに広がりを見せ、より多くの方に知られるようになっていくかもしれません。村上悦栄という人物自体は、練馬区を拠点に、これからも活動し、地域のことを第一に考えて行動し続けてくれるでしょう。地域社会が活性化していくためには、村上悦栄のような人物の力が必要不可欠であると思われます。その行動力をどのように活かし、今後人々の生活を豊かにしていくかが重要な鍵となるでしょう。その点は、村上悦栄自信の今後の活動にも繋がっていく可能性が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  2. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
  3. イタリアで修業を積んだシェフが作り出すイタリアンのアンミラートは、代々木上原 ディナーで人気の旬の食…
ページ上部へ戻る