神秘のパワーで悩みを解消してくれる龍神総宮社

龍神総宮社は京都の郊外にある神社です。境内に足を踏み入れて初めに感じるのが、その広々とした開放感でしょう。正面にはインパクトのある本殿が立ち、背景の緑が神社の雰囲気を醸し出しています。ちょっとした癒しの空間といった感じもあり、散歩しながら参拝の出来る神社となっています。本殿の周囲には、かなり多くの神々が祀られた摂社が所狭しと並び、神々の世界に圧倒される方も多いと思われます。こういった摂社はすべて数えると16ほどあり、一つ一つの摂社にそれぞれ異なる神様が祀られている訳です。時間のある時であれば、一つずつ順に詣でていくのも興味深い参拝と言えます。こういった摂社はすべて本殿に祀られている龍神にゆかりのある神々とされており、すべてお参りすればさらなるご利益が期待出来ると考えられます。まずはそのスケールの大きさに圧倒されるのがこの龍神総宮社なのです。

スケールの大きさは、この神社の場合建物に限りません。この神社に祀られている神様は、日本古来の神々の言わば長として存在する位の高い神様であるとされています。そのため、参拝することで想像を絶するようなパワーが得られるのではないかというのが、この神社を訪れて感じる感想です。現に、神社側の説明によるとこの神社にお参りすることで、諦めていた事態が好転したといった数々の奇跡もあったということで、一つのパワースポットとしても期待されている神社なのです。ホームページでは、間一髪の所で命を救われた体験や抱えていた事態が好転したといったエピソードが公開され、読めば読むほどそのパワーに期待をかけてしまう神社となっています。普段余り神様を意識していない日本人にとっては、こういった奇跡の数々を生んだ事実は、大きな神秘として心に刻まれます。

一般的な日本人は、特別な信仰を持っていません。そのため、こういった神社のご利益や得られるパワーを深く考えることなく感じ取る傾向があります。日本の神々の世界はかなり奥深く、知れば知るほど神秘的な印象が大きくなります。龍神総宮社の場合にも、複雑な神々の世界を垣間見てしばし神秘の世界に思いを馳せることになる訳です。龍神や太陽神といった日本古来の神についてもこの神社では解説していますが、恐らくほとんどの方は途方もないスケールの大きさを感じることでしょう。参拝を通じて現実世界から一歩離れた視点で、日常生活や自分の心を捉えなおすことが出来るのがこういった神社の参拝なのです。自分をとり囲む世界の大きさを感じさせてくれるため、最初は半信半疑でも参拝を進めていくうちにすごいものに触れているのではないかという実感が湧いてくるのがこの神社と言えます。

この神社では、一種の厄除けや祈祷も行っています。人生にトラブルを抱えた場合やビジネスにおいて何らかの打開策が欲しい場合には、大きな効果を期待してしまうサービスやイベントも設けられています。悩みの具体的な相談も受け付けているため、わらをも掴みたいといった方にも最後の望みとして利用されることも少なくないのです。そのため、初めて奇跡のエピソードを耳にした場合には、この神社のパワーに驚かされることは間違いありません。このような神秘のパワーで悩みごとや人生の問題を解決出来る点に、注目して利用を考える方も多いと思われます。最近は、こういった宗教法人が積極的に悩み相談や祈祷に応じるようになっており、参拝客にとっても比較的利用しやすいのでしょう。以前のネガティヴなイメージが減っているのが、宗教法人での悩み相談や祈祷なのです。ビジネスなどで岐路に立たされた場合にも利用出来ます。

最近では風水を始め、占いやスピリチュアルな分野に興味を持つ若い世代が増えています。全国のパワースポットを順に巡る方も少なくなく、足りない運気を補うためにパワースポットを訪れるケースが増えているのです。この神社は一つのパワースポットとしても役割を果たしており、参拝する側としてはとりあえず行ってみようかという感想を持ちます。この神社では、不運を避けて幸運を呼び込むための普段の心の持ち方についてもコメントがされており、これから生きていく上で実際的に学べる点も多いのです。実際にこの神社を訪れて持つ感想は色々だと思われますが、常日頃の自分の生活について振り返って考えるきっかけが得られる点は、一つの収穫だと思います。初めは建物や由縁など、その複雑さに驚きますが、参拝を進めるうちにどこか納得出来る点も見出せるのがこの神社です。

龍神総宮社
http://www.ryujinsogusha.or.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. バイク大国として知られているタイでは、多くのバイクブランドが存在しています。その中の一つである二輪ブ…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る