八木雄一の考える現代医療の問題点について

八木雄一は現代医療に関して色々と調べていたり、考えている人です。現代医療に関してはマスコミを中心としてさまざまな問題提起がなされていることが多いです。しかし、具体的にどのような問題が生じているのかを正しく理解している方は少ないでしょう。八木雄一は皆さんに現代医療が深刻な状況に陥っていることをよく理解してもらうために、現代医療の問題点についてまとめました。

まず、患者の方が現代医療を過信しすぎているという問題があります。病院では病気を治療するのが当たり前のことだと考えているのです。しかし、現代医療にも限界はあり、絶対に治せない病気や、治る可能性の低い病気は存在しています。もちろん、医師の不注意によって助かるはずの患者が助からないというケースはあるのですが、必ずしも医師を責められるわけではありません。病院で治療を受けなければいけない状況になった時点で、ある程度の覚悟を患者がしておくことは重要なのです。あまりにも医療が万能であると思う患者が増えてしまうと、患者が死亡したり、症状が回復しなかった時に病院へ不信感を抱いてしまいます。しかし、どうしようもない状況というのは存在することを患者が理解するべきでしょう。

また、現代はさまざまな生活習慣病が問題となっていると、八木雄一は言います。これは自分で普段の生活習慣を改善させることによって、病気を予防することが可能です。そのような病気はたくさん存在するのです。今の時代は自分が病気になってしまうのは、これまでの自分の生活や行動のせいだと自覚することが大切です。そうして、自分が自分の主治医となって、自分の健康状態を意識することによって、大部分の病気を避けることができるのです。このような意識を多くの方が持つようになれば、将来病気で苦しまなくて済み、日本の医療にも良い影響を与えるだろうと八木雄一は考えています。

最近は軽い症状が出ただけで医療機関を頼る方が増えています。しかし、病気の症状というのは実は体がウイルスや細菌と戦っていることを示しています。そのため、無理に症状を抑えこんでしまうと、病気の治りが遅くなる可能性があります。このことを理解していない方が多いために、自然治癒力に任せて病気を治療するという考えが薄れてきているのが問題視されています。軽い症状で医療機関を利用する方が増えてしまうと、医師が疲弊してしまい、医療費も増大してしまうでしょう。

最近は医療技術が進歩したために延命治療によって従来なら生存することが不可能な状況でも生きながらえることができるようになりました。しかし、無理やり生存したとしても、もう回復する見込みがなかったり、本人が意識を失い、それが戻ることがないのであれば、そのような状態で生きていることに意味があるのかと考える人が増えています。尊厳死に関わる問題であり、色々な議論がされています。まだ、日本では延命治療や尊厳死に関する問題は発展途上であり、結論は出ていないのですが、すべての人達が自分にも関係のあることだと自覚して、考えていくべきでしょう。八木雄一はこれがとても重要な問題だと認識しています。

医療費の問題はずっと議論されています。日本は国民皆保険が実現しており、すべての国民が何らかの健康保険に加入していて、医療費を全額自己負担しなくてもよくなっています。しかし、そのためにはかなりの財源が必要であり、それが不足するほどに医療費が高騰していることが問題となっているのです。少子高齢化が進んでいるため、余計に医療費が増大する結果となっています。この問題は八木雄一がずっと関心を持っていることなのですが、すぐに解決できることではありません。大切なこととしては、すべての国民が自分の健康を維持することに関心を持ち、軽い症状で気軽に病院へ行かないようにすることです。しかし、これを実践するためには色々な障害があるでしょう。

現在は医師や看護師への負担が非常に大きいことが問題視されています。必要な医療機関に人手が足りていないために、通常ではありえないような勤務の仕方をしている方も多いのです。このような状況が続いてしまうと日本の医療の質を低下させることにつながり、誰も得をしないでしょう。少子高齢化が進み、医療機関を利用している人が増えており、大した症状でないにも関わらず病院へ行く高齢者も増えています。

このように日本の医療には色々な問題が存在していることを八木雄一は強く訴えています。このような現実があることを多くの国民は理解するべきでしょう。そして、他人ごとではなく、自分にも関係のある問題として認識することが大切です。医療の質が低下すれば、その影響を一番に受けてしまうのは日本の国民なのです。八木雄一があげていた問題点の中には解決が難しいものもあれば、日頃の行いによって状況を改善できるものも含まれています。皆さんは普段の生活の中で医療問題を解決するためにできることをしましょう。それは八木雄一が願っていることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. バイク大国として知られているタイでは、多くのバイクブランドが存在しています。その中の一つである二輪ブ…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る