池田高雄は無理をせずに仕事をしている

池田高雄さんはこれまでに30年近く会社員として第一線で活躍してきました。今日まで、勢いが衰えることなく全力で仕事に取り組んでこれたのには色々なわけがあると語っています。最も大切なこととして、仕事をする時には無理をしないことを大事にしているようです。

日本人は勤勉であり、労働時間が長くて働き過ぎであると言われることが多いです。働き過ぎてしまい過労死してしまう方がいるほどです。しかし、その割には生産性が低いとされています。つまり、無駄に仕事をしていて、効率のよい仕事の仕方ができていなくて、その上健康を害するような働き方をしているという結果になっているのです。これはとても悲しいことであり、無意味なことだと池田高雄さんは考えています。池田高雄さんはこれまでにたくさんの人達が会社を辞めていく姿を見てきました。その中にはあまりにも無理をして働き過ぎたために、どうしようもなくなったという方が多いようです。そのような人達を反面教師にして、自分はそんな働き方はしないと心に誓っていたようです。

休む時はきちんと体をリラックスさせることが大切であると池田高雄さんは主張しています。多くのサラリーマンは休日であるにも関わらずずっと仕事のことを考えており、心を休める暇がないようです。そんな生活をずっと続けていて健康によいはずがありません。また、健康状態が悪化してしまうと集中力が途切れやすくなってしまい、結果的に仕事の質が落ちてしまう結果となります。つまり、逆効果となるのです。池田高雄さんも昔は体がボロボロになるまで仕事をやっていたそうです。しかし、なかなか仕事で成果をあげることができなくて、ついには体が限界を迎えそうになっていた時に、初めてこんな働き方ではいけないと気がつくことができたと語っています。

池田高雄さんは残業や休日出勤などはほとんどしません。仕事をしなければいけない時間に精神を集中させて、次々と仕事をこなしていき、その日の仕事の時間が終了すれば、完全に頭を切り替えて、仕事のことは頭から消し去るようです。こうすることによって、生活にメリハリをつけることができて、無理なく仕事を続けられるようになったと語っています。このような仕事の仕方によって、池田高雄さんは社内でも一番の成績をあげることができており、多くの方から信頼されています。日本では労働時間の問題が社会問題として話題になることが多いですが、池田高雄さんは無理をしないことの大切さを訴えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  2. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  3. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
ページ上部へ戻る