矢口敏和のチャレンジ精神

矢口敏和の特徴を聞かれた時、真っ先に思い浮かべるのはチャレンジ精神です。どのような事にも積極的に向き合っていきたいと感じているようですが、それは仕事だけではなく、プライベートも同様です。むしろ、プライベートの方がチャレンジ精神旺盛なのではないかと思わせる程です。なぜなら、矢口敏和はかつては乗馬が趣味でした。

学生時代から乗馬をしていたようですが、40代になった今でもまだまだ乗馬を楽しみつつ、新しいスポーツのジャンルにもチャレンジしていっています。それは何かと言うとボルダリングです。近年では、ボルダリングを楽しめる場所が増えていますが、地元である埼玉でもボルダリングを楽しめる場所が増えているからか、積極的に楽しんでいます。矢口敏和は、ボルダリングは知力と体力の両方が問われるので、とてもやりがいがあると感じています。

確かに、ボルダリングは体力だけでは意味がありませんし、かといって頭だけでも意味がありません。両方を兼ね備えてこそ楽しめるジャンルになるのですが、若い頃から乗馬などを楽しんでいた矢口敏和は、体力にはそれなりに自信があったようで、ボルダリングがすっかりと気に入った様子です。また、ボルダリングは上級コ―スにまで到達し、いずれはロッククライミングを楽しんでみたいとも思っているようです。

ここまで好奇心旺盛だからこそ、いつまでも若々しくいられるのでしょう。矢口敏和は40代ではありますが、30代だと言われても通用するような若さを持っています。それくらい若々しいビジュアルを保っていられるのは、顔立ちが若いだけではなく、チャレンジ精神を常に持ち続けているからだと言えます。

40代ともなると、お腹が出ている男性も珍しくないのですが、矢口敏和はお腹が出ていないどころか、とてもスタイリッシュです。容姿だけを見れば、40代だとは想像出ないもので、中年太りとは無縁の素晴らしい体型を保っているのです。若い時は、特に何をするでもなく良い体型を維持出来るものですが、年齢と共に自分自身のライフスタイルが体型に反映されやすくなります。若い時には素晴らしい逆三角形だったものの、気付いたらいつのまにやら中年体型になってしまっていた、という人も決して珍しくはないのですが、矢口敏和に関しては腹筋も割れています。このように、チャレンジ精神旺盛なメンタルを持っているからこそ、若々しい体型を保っていられるのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. バイク大国として知られているタイでは、多くのバイクブランドが存在しています。その中の一つである二輪ブ…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る