とにかく明るくて前向きな織田茂徳

織田茂徳の出身は京都府です。京都市立二条中学校を卒業し、京都成章高校から京都産業大学へと進学しています。幼少時代から高校まではサッカーや野球を熱心にしていましたが、大学へと進学するとラグビーの面白さに目覚めて夢中になりました。ラグビーは初心者ですが、元々運動神経は良い方なので、ラグビーの習得も早かったようです。大学卒業後には福岡のベンチャー企業に就職して、そこで働き始めました。まじめな性格なので初対面の人は話しづらいと感じるかもしれませんが、織田茂徳は話をすれば分かりますが、気さくな人間です。

25歳といった年齢相応にも感じますし、少し年上のような感じもします。気心が知れてくるとまた違った彼の一面を発見できるようになります。織田茂徳は、休日になると釣りに出かけます。ブラックバスを狙いに行くのです。しかしブラックバスだけが好きなわけではなく、鮭や鮎、そして鯛などを釣るのも彼は好きなのです。釣りという趣味は25歳の若者にしては少し地味ではないかと感じますが、釣りをしている彼は普段とはまた違い、その立ち姿がものすごく様になっているのです。また織田茂徳は読書をしたり音楽を聴いたり、家の近所や少し遠出して散歩したりするのもとても好きです。

一人ですることが彼にとってはきっとリラックスできて、リフレッシュすることができるのだと思います。趣味の釣りからしてみても、周りとワイワイして楽しむことではありませんし読書でも音楽鑑賞でも一人でその時間を落ち着いて楽しむものです。意外に、普段の生活の中で織田茂徳はストレスをためているのかもしれませんね。また、織田茂徳の好きな食べ物はお肉です。肉料理ならどんなものでも喜んで食べます。彼の周囲から見た時の印象は、今どきの男性でとてもマイペース。決して自分の心地よいと思えるペースを乱さない人間と言う感じでしょうか。

その証拠に、彼が誰かのために自分を抑えて無理をして何かをするといったところを見たことがありません。もちろん集団行動をするスポーツでは身勝手ことはしませんが、スポーツ以外では、あまり人と足並みを揃えることはありません。きっとそれだけ仕事や毎日の生活の中でたまっているものがあるのかもしれませんね。スポーツ万能で、容姿も悪くはない。そして頭も賢く魅力的であるにもかかわらず、どうして女性にもてないのか。浮いた話もない彼は。本当に不思議な魅力をもった人間です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. バイク大国として知られているタイでは、多くのバイクブランドが存在しています。その中の一つである二輪ブ…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る