鄒積人は陽気な性格の先生です

鄒積人は来日15年目で台湾料理を教える先生をしています。毎週1回都内で開かれる料理教室には、多くの人が参加するほど人気がある先生です。
台湾料理は日本人の舌にもよく合い、とても美味しいメニューがたくさんあります。誰もが知っている料理から現地に行かなければ分からないような郷土料理まで、さまざまな美味しい料理の作り方を教えてくれます。中華料理というとたくさんの油を使っているイメージがありますが、先生が教えてくれる料理は淡白で繊細な味付けをしている料理が多いので、あっさりしていて食べやすいです。鄒積人が教えてくれる料理は、日本人でも簡単に作ることができる素晴らしいものなのです。
なぜ台湾料理が日本人にここまで支持されているかというと、台湾料理は日本料理をルーツに持っているからなのです。通じる部分が多いため、日本人の舌にもなじみやすいのです。料理教室に通う多くの日本人が先生が作る料理は、とても美味しいと思っていますし、その美味しい料理を自分たちも作りたいと思い教室に通っているのだと思います。そのため週に1回の料理教室は毎回満席となり、いつも予約が取りにくい状況が続いています。鄒積人自身も、まさかここまで自分がやりたいと思っていた料理教室が大盛況になるとは思ってもいませんでした。小さい頃に両親が離婚し、母一人に育ててもらったという過去があり、いつも近くには母がいて、台湾料理を作ってくれていたので、そんな母との思い出の料理をもっと多くの人に知ってもらいたい、大好きな日本人にも台湾料理の魅力を知ってもらいたい、という思いで都内で料理教室を開催しています。今後も多くの人に美味しい台湾料理の魅力を知ってもらい、生徒と一緒に楽しい時間を過ごしたいと思っています。

鄒積人は台湾料理を作るのがとても上手で、日本に来てから既に多くの日本人に台湾料理の素晴らしさを伝えています。都内で料理教室を開いており、陽気な性格もこうじて人気の先生となっているというのは上述の通りです。この行動には台湾人の心が大きく関係しています。多くの台湾人が日本のことが大好きで、日本人のためになにかしてあげたいと思っています。鄒積人も日本人のために自分が得意な料理を通じて交流を図りたいとかねてより思っており、やっと都内で料理教室を開催することができたのです。
最初は料理教室を開催していると宣伝することにとても苦労しましたが、SNSなどを活用して料理を作った動画などをインターネット上に公開するようにしてから少しずつ認知されるようになり、主催する料理教室の存在にも気付いてもらえるようになりました。現在では料理教室の予約が取れないほどの人気となっているほどです。SNSで自分の料理教室のことをアピールし始めてから2年が経過していましたが、ここに来てやっと自分がやりたかったことを形にすることができ、とても嬉しく思っています。
鄒積人が台湾料理を日本で広めたいと思ったのは、台湾料理が日本人の口にも合う料理だということを、もっと多くの日本人に知ってもらいたいと思ったからです。近いようで遠い台湾と日本の距離を縮めるためにも、台湾料理は日本人でも美味しく食べられるものばかりなので、得意な台湾料理を活かして多くの日本人と交流を深めたいと思い、それがようやく形になったのです。

都内で料理教室を開くようになってから、早3年が経過しました。教えている料理は、台湾でとても人気がある家庭料理が中心です。これは始めたころから一貫していることです。日本料理にも割烹などがありますが、あまりなじみがないという方も多いでしょう。台湾も同じで、一般的に台湾料理と呼ばれるものは、高級料理店などで出されるものが多いのです。しかし鄒積人は、家庭料理を覚えた方が実際に台湾人と会った時の話が弾みやすいだろうということで、家庭料理を教えるスタイルを崩していません。ただ、料理教室に通う人の要望も聞き入れ、家庭料理以外の様々な美味しい台湾料理の作り方も教えるようになっており、20代から30代の女性にたいへん人気があります。
鄒積人は台湾の沿岸部で生まれ育ち、いつも近くの海で獲れた魚やカニ、海老、様々な貝などを使った台湾料理を作ってもらっていたので、日本でも多くの海鮮を食材にした台湾料理の作り方を教えることが多いです。海鮮の食材だけではなくて、筍などのその季節に応じた旬の野菜を使った料理の作り方の評判もよくて、いつもこれらの食材をたくさん使って料理を作るので、普段同じような食材を使いがちな方には、とても勉強になると思います。家族や実際に食べてくれる人たちの顔を思い浮かべながら、本当に自分が作りたいと思える美味しい料理を知ってもらうために台湾料理の魅力を伝えています。鄒積人が教えてくれる台湾料理は、とても家庭的で日本人にも受け入れられやすい料理となっています。家庭的で素朴な料理がたくさんあるからこそ、多くの日本人が先生の台湾料理を学びたいと思っているのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  2. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  3. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
ページ上部へ戻る