金塚秀仁の、熊本での過ごし方

大きい野菜を食べるなら、金塚秀仁の畑でとれた作物がいい。地元ではそう噂されます。彼は若手の農家で、イケメンです。若い女性を中心に、ネットでの人気が広まっています。30代の若手農家であり、彼の作物は、とても美味しいと評判です。彼が育てている野菜は、それぞれに個性があります。野菜を育てる上で、彼自身が得られる経験は計り知れません。野菜の世話をしている時間は、彼にとって最良の時です。彼は、自分のあり方を考えながら、日々を過ごしています。

若いうちから農業を始めることには、抵抗があったそうです。特に無農薬は負担が大きく、失敗もしやすいと分かっていたため、相当悩んだとか。しかし、会社で思うようにいかなかったことや、農業への憧れもあり、金塚秀仁は畑仕事を始めました。彼にとって、農業に専念する選択は、とても苦痛があったそうです。しかし、農業も悪くないと割り切ることで、その苦難を乗り越えました。畑仕事は体力を使うため、手や足に豆も出来たそうです。

果物の栽培も、金塚秀仁の得意分野です。彼の育てている果物は、とても品種が多く、それぞれに名前がつけられています。イチゴに限っても、3品種を同時に育てています。理由として、どの品種が一番よく熟すかが不透明なためです。無農薬栽培はコツが大切です。彼にとっては、そのコツを探す勉強が必要だと考えています。無農薬で栽培できる作物は限られているため、その調整は難しく、土地と水分、湿度など、複数の要素を加味する必要があります。

金塚秀仁は、どうやって熊本で過ごすか、そればかり考えていたとか。金塚秀仁においては、熊本での人生は全く想像できませんでした。東京でサラリーマンをされていたときは少々羽振りが良いが、朝帰りも少なくありませんでした。ところが、農家になったとたん、昼夜が逆転する生活が始まりました。どんな街も、住めば都です。彼は新たなライフスタイルを享受して、自分の空しさや未熟さ、そして慎ましさを知りました。その上で、何が自分に足りていないかをよーく考えたそうです。それが、彼の現在につながっています。

熊本は、とあるゆるキャラで人気となった県です。この地域は、今街おこしに躍起になっています。市街の中心部から遠く離れた辺境の地で、彼は農作業に従事されています。農業に対する主観的な考え方を改め、彼らのような若手農家が畑仕事に従事することで、日本の農業を見直すきっかけとなれば、何よりもの幸いだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  2. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  3. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
ページ上部へ戻る