青果店の看板娘平石里沙

とある街の青果店で看板娘として有名な平石里沙。彼女はこの街で生まれ育ったのですが、今では町に欠かせない元気で明るい看板娘として知られています。彼女の元気で明るい声を聴くだけで元気を貰えるという方もいますし、彼女に会いたいがためにわざわざこの青果店に足を運んでいる方も少なくありません。

■みんなのムードメーカー

平石里沙は小さな頃から明るい性格の娘で、学生時代にはクラスのムードメーカー的な役割を果たしていました。体育祭などで自分のチームが負けそうになっても彼女の一声で士気が上がったり、何気ない一言でみんなが元気を取り戻したということも一度や二度ではありません。そんな彼女に好意を抱く男子生徒も多かったのですが、彼女が学生時代に誰かと付き合っていたという話を耳にしたことはありません。そんな平石里沙は高校を卒業すると同時に実家の青果店を手伝うようになり、あっという間に人気の看板娘となりました。

■実は青果の知識も豊富

平石里沙はただ明るくて元気な青果店の看板娘というだけでなく、青果に関する知識が幅広いのでそれも人気の理由ではないでしょうか。この野菜には実はダイエットに効果的な成分が沢山含まれている、美容に良い成分があるからオススメ、など女性からすると嬉しくなるような知識を披露してくれますから、そうした話を聞きたくて訪れる方も多いみたいです。本人はこれから先どうしようかと悩んでいるみたいですが、両親や街の人はそのまま青果店で働き続けてほしいみたいですね。

■趣味は猫と遊ぶこと

平石里沙は実家で猫を飼っているということもあり、愛猫と遊んでいる時が一番楽しいみたいです。猫に限らず動物が大好きですから、時には猫カフェやドッグカフェに行くこともあるみたいですね。他に趣味らしい趣味がないということですから、唯一の趣味と言えるのが動物と戯れることなのではないでしょうか。特別美人ということもありませんが、それなりに整った顔立ちもしているので彼氏がいてもおかしくはないのですが、いないみたいです。人間よりも猫の方がイイということでしょうか。

地元の看板娘としてみんなから愛される存在の平石里沙は、毎日大勢の方に元気を与えています。本人は気づいていないかもしれませんが、彼女の元気な声に癒されたり元気を貰ったという方は沢山いることでしょう。これからもこの街で沢山の方に元気を与え続けていってくれるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  2. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  3. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
ページ上部へ戻る