タイ生まれ二輪ブランド「GPX」が2019年に日本上陸!

バイク大国として知られているタイでは、多くのバイクブランドが存在しています。その中の一つである二輪ブランド「GPX」が2019年に日本に上陸することで、多くのバイクファンが歓喜の声を上げているのです。

「GPX」とはどのような二輪ブランドなのか、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

007年創業のATVパンサーが手掛けるブランド

タイ発の二輪ブランドである「GPX」は、ATVパンサーが手掛けるブランドで、元々は四輪バギーの製造を中心に行っていました。現在では二輪市場へ参入し、タイを中心に高い人気を誇るブランドに成長しています。

そんな新進気鋭の二輪ブランドである「GPX」は、2018年の秋にGPXJAPANを設立し、2019年から日本で3車種を発売するというのです。GPXでは比較的リーズナブルな金額で二輪バイクを販売しており、クオリティも下げることなく製品の生産を行っているといいます。

GPXJAPANが販売する3車種

タイ出身の二輪ブランドである「GPX」は、GPXJAPANを設立し、日本で3車種のバイクを販売しています。オールドスタイルな「Legend 150S」、ネイキッドモデルの「Gentleman 200」、フルカウルのライトスポーツモデル「DEMON 150GR」です。どれも小排気量を実現していることから、街乗りに最適なモデルといえるでしょう。気軽に乗れる二輪バイクとして、本格的に日本国内でのシェア拡大を図っています。

搭載しているエンジンは空冷4ストローク。排気量はGentleman 200のみ197ccで、他の2台については149ccとなっているのが特徴です。

価格帯はLegend 150Sが25万9,200円、Gentleman 200が36万1,800円、DEMON 150GRが34万3,440円となっています。国内の二輪ブランドで同様のクラスと比較すると、手頃な価格で購入できることがわかるでしょう。

価格もリーズナブルで排気量も少なく、品質もいいとなると、今後の日本国内の二輪バイクのシェアも変動する可能性があります。これから二輪バイクに乗ってみたいという方には、手が届きやすい価格となっているので、ぜひ一度購入を検討してみるといいでしょう。

まとめ

タイ生まれの二輪ブランド「GPX」は、高い品質のバイクを製造しながら低価格で販売されているので、日本国内でも注目されるブランドとなっています。

バイクに興味を持っていても、国内のブランドでは価格が高すぎて購入するまでの決断が出来なかった方でも、「GPX」が販売した3車種の金額であれば手が届くのではないでしょうか。

ビギナーライダーの方やセカンドバイクの購入を検討していた方は、タイ生まれの二輪ブランドである「GPX」のバイクを検討してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. バイク大国として知られているタイでは、多くのバイクブランドが存在しています。その中の一つである二輪ブ…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る