ミュートスの代表である佐藤氏が発信するMR-SFAについて

株式会社ミュートスの代表は佐藤氏です。佐藤氏はさまざまなサービスの提供を発信していますが、その中でMR-SFAというものがあります。これは佐藤氏がシステムにさらなるイノベーションを加えると言うことを目的に始められています。
株式会社ミュートスのMR-SFAが選ばれる背景には次のような3つの理由があります。それはお客さまへの提案力と短期開発と低価格の実現、そして国内医療業界にあったテンプレートを使っているという点です。このほかに佐藤氏が掲げるMR-SFAの特長は、MRのルーティンワークを軽減し、ここに加えて情報の漏洩リスクも軽減することができます。またMRが増えても追加費用が発生すると言うことはありません。ペンダー依存がら脱却することもできます。
株式会社ミュートスのMR-SFAでは、実際に動くテンプレートを基本にして業務要件やカスタマイズ要件を整理して開発が進められています。テンプレートの基盤技術や開発や運用保守環境に関しては、オープンソースを活用して、開発や保守用ライセンス費用を削減することができます。またこれらを提供しているベンダーのサポート切れによるバージョンアップ作業などをなくし、それによって低価格を実現することができます。株式会社ミュートスのMR-SFAはライセンス体系もテンプレートライセンスだけとなっているので、マーケティング部門や学術部門へ拡大したり、CMR活動を行うことによって利用者が増えた場合でも追加の費用の心配がありません。

佐藤氏が代表となっているミュートスでは、ベースとなっているテンプレートは、本来は国内大手の製薬会社に納入したシステムとなっています。したがって今まで行ってきた導入実績やカスタマイズ実績を汎用化したり標準化し、時代の流れに合わせてデザインや操作性などが見直されています。その結果マルチプラウザやタブレット対応を追加してバージョンアップが行われています。今までのSIスクラッチ開発やオンプレミスでの導入スタイルはもちろんのこと、ミュートスのサービスの基本からクラウドサービスとしての提供をすることもできます。
MR-SFA導入の流れは次のようになっています。まず現状業務のインタビューが行われます。そして要望の洗い出しをし、Fit&Gap分析を行います。これによりより専門的な提案をすることができます。その後カスタマイズ要件の確認が行われ、カスタマイズ機能設計の後開発をし、導入という流れになっています。

株式会社ミュートス
http://www.mythos-jp.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. バイク大国として知られているタイでは、多くのバイクブランドが存在しています。その中の一つである二輪ブ…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る