辰巳崇之が語る事業を展開する難しさ

様々な事業を展開するのはとても難しいものです。一つであれば簡単かというとそれもまた違うのですが、複数の事業を展開するには複数の事業全てに向き合わなければならないのです。特にビジネスの場合、慈善事業ではないのですからシビアな需給バランスの中で事業を展開しなければならないのです。それは決して簡単なものではありません。むしろとても難しいもので、多くの企業や団体が苦渋を味わっているのです。それだけ大変な話なのですが、商社のような規模があれば成功もまた、身近なものとなってくるのは言うまでもありません。むしろ商社の場合、事業全てにそれなりのリソースを割く事が出来るのです。ですが小さい所となるとなかなか簡単なものではありません。むしろとても難しいものです。まずは体力。

ビジネスにはやはりお金がとても大切になってきますので、資金力がある商社であれば様々な事業を展開するだけの体力があるのですが、そうではない所も多いのです。成功の道筋が見えているものの、資金力ですとか、人員を確保する事が出来ずにいたためにどうしてもリソースを割く事が出来ないというケースもあるのです。この点が中小零細企業の厳しい所とも言われているのです。お金も人員も好きなように使えるのであれば成功の可能性は高まります。

その点ではやはり商社という存在はとても恵まれた環境にあるのですが、そのような環境ではなくとも様々な事業を展開し、成功に導いている所もあるのです。それは株式会社No.1です。ここの代表は辰巳崇之氏で、名前くらいなら聞いた事があるという人もいるかもしれません。辰巳崇之氏は様々な経歴を持っていますので、実はビジネスマンの間ではちょっとした有名人でもあるのです。その辰巳崇之氏が事業を立ち上げたのです。しかもジャンルも多岐に渡っており、ファイルサーバーからホームページの悩み相談、社員教育等様々な事業を展開しているのです。決して大きな会社ではない株式会社No.1があそこまで事業を展開する事が出来ているのは辰巳崇之氏の力による部分がとても大きいと言われています。

同じようなジャンルの事業であればある程度リソースを共有する事も出来ますので、ちょっとした応用でいろいろな形に活用する事が出来ます。それは人材も資源もです。
ですがまったく異なるジャンルともなるとそのような訳にはいきませんので、それぞれでしっかりとリソースを確保しなければなりません。

それらの事を考えると、事業を広げるのであれば出来れば似たようなジャンルをと考えるのが一般的だったりするのですが、辰巳崇之氏はそのような常識をも打破してしまったのですから、注目されているのも頷ける話です。むしろそれだけの才覚があるからこそそのような形で事業を展開し、成功に導く事が出来たのでしょう。普通に考えたら頓挫してしまうか、あるいは初めからそのような事は無理だと諦めるであろう事業の展開の仕方なのですが、常識という眼鏡では図り知れない才覚の持ち主なのでしょう。そのため、辰巳崇之氏の評価も更に一段と高まる事になっていったのです。いろいろな事情があるとは思いますが、これだけの成功を手にしているというのはそれだけビジネスマンとしての才覚に優れているという事を意味しているのでしょう。ですので、大きな注目を集めているのもよくよく考えたら真っ当な話なのかもしれません。
同じ事をやれと言われても、果たして同じように成功を手にする事が出来る人がどれくらいいるのかという事ですから。
成功するのは才覚に優れているだけではなく、顧客心理等までしっかりと考慮しなければならないものですが、その点まで含めて優れているのが辰巳崇之氏なのでしょう。

株式会社No.1
http://www.number-1.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  2. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  3. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
ページ上部へ戻る