DreamCube(ドリームキューブ)で集客力のアップを図る

購入、予約、会員登録、かつて実店舗や施設に電話したり、直接足を運ばなければならなかったこうした作業が、今は端末ひとつあればすぐにできる時代です。それだけに企業側からすれば、端末画面でいかにアピールするかは切実な問題でしょう。こまめにメールマガジンを送るという方法もありますが、フィルターなどで引っかかり着信拒否されてしまうこともあります。こうした事態を避ける手段の一つに、店舗のアプリを作ってしまうという方法があります。

DreamCube(ドリームキューブ)では、その店その店にあったオリジナルアプリ作成への手助けをしてくれます。ここではアプリの作成代行からサポートまで、効果的な集客ができるような体制が整っています。アナログな経営手法にも素晴らしい点がたくさんありますが、本当に「売り上げを伸ばしたい」「新規の顧客を増やしたい」と思うのでしたら、こうしたアプリの活用を視野に入れるのもひとつの方法です。

オリジナルアプリを使って集客力のアップを図り、販促へとつなげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. バイク大国として知られているタイでは、多くのバイクブランドが存在しています。その中の一つである二輪ブ…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る