北関栄機園長が行う下上津役幼稚園とは

北関栄機園長が行う下上津役幼稚園とはいったいどんな施設なのかご存知でしょうか?年間開催の行事や給食、さらには教員として働くスタッフなど、入園時にチェックしておきたい部分についてご説明いたします。

年間開催の行事は気になるところでしょう。北関栄機園長が運営する下上津役幼稚園では、季節ごとにさまざまな行事が行われます。子供たちが誰しも喜ぶ誕生日会やクリスマス会といったもののほか、健康面でも発育が望める遠足や園外保育、マラソン大会などのイベントも充実です。そのほか園児たちの成長に伴いお泊り保育なども行うなど、年間通していろいろな取り組みを行っています。ただ預けるだけではなく幼稚園でしか学べないような事を、北関栄機園長中心に行っているのがこの幼稚園の特徴です。

給食の回数と費用はどのようなものでしょうか。下上津役幼稚園では北関栄機園長が自らチェックをし、園児たちに安心して食べられるような給食を配備しています。給食は毎週4回のスパンで作られており、月々2,990円程度の費用が必要となります。その分、健康に熟知したスタッフが給食を作るため、すくすくと健康的に育つ子供たちの成長が望めます。毎朝のお弁当作りで大変、という保護者の方は、給食が充実した下上津役幼稚園を利用してみるのもよいでしょう。

正規職員が働く環境、というのも下上津役幼稚園の強みのひとつです。悪質な幼稚園だとアルバイトしかいない場所も多く存在しますが、正規職員のみが働く下上津役幼稚園ならばそんな心配はありません。子供の成長やしつけといった部分において、感情的ではなく冷静に且つ子供たちに伝わるような形で行うため、より生活しやすい環境を保っています。

下上津役幼稚園では各年齢に分けられたクラス割りが行われています。全体のクラス数は9つあり、年長・年中・年少とそれぞれ3クラスずつあるのが特徴です。年長では90名、年少の園児においては100名と比較的多くの人数に対応しています。また教員数は全部で13名おり、全て幼稚園教論免許を持っているため、どのクラスも隔たりなく教育や成長の手助けを行っています。幼稚園によっては教員数が極端に少ない場合も少なくありませんが、この幼稚園であればそんな事も心配ありません。

北関栄機園長が行う下上津役幼稚園は、より園児と保護者の方が利用しやすい環境を第一に考えています。よい幼稚園探しが行えていない、という方は一度お電話から相談してみるのもよいでしょう。

下上津役幼稚園
http://www.kitakyu.or.jp/2004/yt-079.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  2. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  3. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
ページ上部へ戻る