筑紫女学園大学 現代社会学部について

筑紫女学園大学 現代社会学部は、現代社会が求めている能力を身につけられる2015年に開設される学部です。募集している人数は190人となっています。
筑紫女学園大学 現代社会学部にはビジネス社会コース、メディア社会コース、環境共生社会コースの3つのコースがあり、それぞれの募集人数は70人、70人、50人となっています。

筑紫女学園大学 現代社会学部では、現代社会を多角的に学べるように学生が自発的に学べる環境が整っており、4年間の中で様々な学習体験を通じて現代社会の問題を分析・理解した上で行動する力が身に着くようになります。
社会学を基礎にしてビジネス、メディア、環境といった3つの専門分野について学ぶことができるようになっています。実践的な英語力はもちろん、情報処理能力を身につけることも可能です。また、アクティブラーニングと呼ばれる授業を受けることにより、進んで物事に取り組む姿勢に加え、コミュニケーションの力を身につけることもできます。

指導教員は経験も豊富で、学生の意見や関心を尊重しつつ適切な指導を受けることができます。また、同じゼミの学生と共に学ぶことによって意欲の向上にもつながります。
そして、筑紫女学園大学 現代社会学部で学ぶことで、社会の動きを科学的に分析でき、問題解決を行なえる能力を持っていることを証明できる社会調査士という資格を得ることができます。これは今後の社会において注目されている資格の1つです。
それ以外には浄土真宗本願寺派教師認定試験といった資格を得ることができますし、TOEICやMOUSの勉強に資格取得も可能となっています。

筑紫女学園大学 現代社会学部は、時代が求めているとされる人材を育成することを目的として作られています。現代社会は複雑な変化があり、予測が困難な課題を抱えている時代においては課題を積極的にこなす人材が求められています。こうした人材を養成するために筑紫女学園大学 現代社会学部が作られると言うわけです。

筑紫女学園大学 現代社会学部での受験を希望する方は、まず資料請求を大学のホームページから行なうといいでしょう。これから進路を決めると言う方も、まだ進路が決まっていないと言う方でも大丈夫です。やりたいことを持っていることは大切ですが、いつそれが決まるのかはその人によりますし、それよりも大切なのは仕事を的確に行うための能力を身につけることです。筑紫女学園大学 現代社会学部はその能力を身につけられるところですし、そうした意味でも受験する価値がある大学と言えます。

筑紫女学園大学
http://www.chikushi-u.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  2. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  3. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
ページ上部へ戻る